葬儀の服装と持ち物について|コラム

TOPコラム > 葬儀の服装と持ち物について

葬儀の服装と持ち物について 葬儀の服装と持ち物について


葬儀に参列する際に、服装や持ち物のマナーは最も配慮すべきものです。当社では、葬儀や費用、不安なことなど、いつでもご相談をお聞きいたします。24時間専門のスタッフが待機しておりますので、お気軽にお問い合わせください。

葬儀での服装マナー

葬儀での服装マナー

男性

男性は、ブラックスーツかフォーマルスーツの中に白のシャツを着るのが一般的です。シングル、ダブルどちらでもかまいません。

ネクタイは黒色の無地にし、ネクタイピンはつけないようにしましょう。靴下は柄物を避け、黒の無地を選ぶようにします。靴は、光沢のない黒のものにするのがマナーです。

女性

女性の服装は、アンサンブルかスーツ、または、ワンピースにし、その中に黒のインナーを着るのが一般的です。インナーで白などを着るのはタブーです。スカートの場合は、ひざまで隠れるものにし、黒のストッキングを穿くようにしましょう。

夏の暑い日の場合でも、ジャケットの袖は必ず5分袖まであるものにしましょう。ジャケットを着ない場合は、肌の露出が少ないものを選ぶことがポイントです。また、冬は黒やグレーのコートを着るのはかまいませんが、会場に入る前に脱ぐようにしてください。

お子様

お子様は、中学生・高校生であれば制服でも問題ありません。幼児はブレザーにしましょう。ブレザーを持っていない場合は、紺か黒のセーター、中に白のブラウスかシャツを着ましょう。また、それに合わせた同じ色のスカートかズボンを穿くのがベストです。フリルや派手な色のものは避けるようにしてください。また、靴下は白色の柄が入っていないものを選びましょう。

葬儀の際の持ち物

葬儀の際の持ち物

葬儀の際の持ち物は、香典と香典袋を入れる袱紗(ふくさ)に気をつけましょう。香典は、必ず名前を記入し、故人との関係によって包む額を決めます。土地柄で違いもありますので、周りの人に聞くと安心です。袱紗は、黒・紺・紫など落ち着いた色にしましょう。

また、バッグを持つ場合は必ず黒のものにし、殺生を感じさせるものは持たないようにしてください。エナメル、光沢、柄があるものは避け、金具などがついていないか確認をしましょう。ハンカチも必要になると思いますが、ハンカチを持つ場合は黒か白の無地を持つのがマナーです。

京都府で葬儀社をお探しの方は、当社へお任せください。当社では、葬儀に関するご相談を承っております。何かご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。専門スタッフが24時間待機しておりますので、お急ぎの方もご安心ください。

また、お客様の要望に応じた葬儀プランをご用意しております。安い料金で葬儀を行いたい、少ない人数でシンプルなお葬式を行いたいなど、費用・資料請求のことはいつでもご相談ください。会館でのお葬式から自宅・寺院・集会所などお客様のご都合に合わせてサポートいたします。