お葬式の日取りの決め方|コラム

TOPコラム > お葬式の日取りの決め方

お葬式の日取りの決め方 お葬式の日取りの決め方


葬式の日取りの決め方は、葬儀のプラン次第で異なります。当社は、お客様の要望に応じた様々な葬儀プランをご用意いたしておりますので、いつでもご相談ください。

葬儀プランで日取りの決め方が異なる

葬儀プランで日取りの決め方が異なる

葬儀を行うプランによって、お葬式全体の日取りの決め方が変わります。葬儀のプランには、「火葬・直葬」「一日葬」「一般葬」があります。

火葬・直葬は、通夜や告別式を行わず火葬だけを行います。火葬は日本の法律上、死後24時間以上経たなければできないため、最短でも2日間必要です。一日葬は、通夜を除いた告別式と火葬を行うもので、葬送儀式を1日で終わらせるため一日葬といわれています。

一般葬は、その名のとおり通夜・葬儀・告別式・火葬と一般的なお葬式を行います。葬儀を行なう際は、僧侶の予定確認や火葬場の空きがあるかを確認する必要があります。葬儀形式の確定、僧侶の予定確認、火葬場の空き状況確認という順番で決めることで、その後の調整がスムーズになります。

一般的なお葬式の流れ

一般的なお葬式の流れ

お通夜

お通夜とは、家族や親戚などが故人との最期の別れをするために過ごす夜のことです。お通夜は、亡くなった日かその翌日に行います。「通夜」には、一晩中という意味があり、線香を絶やさないようにする風習が昔からあります。また、2日間に渡ってお通夜を行う場合は、1日目を仮通夜、2日目が本通夜といいます。

葬儀

葬儀は、基本的にお通夜の翌日に行い、故人を葬る前に行う儀式のことです。葬儀が友引にあたる場合は、葬儀の予定日をずらす方も多くいますが、仏教の場合は特に六曜と関係ありませんので、日程の考慮は必要ありません。ただし、六曜を気にされる方は、友引を避けた日をお選びください。

告別式

告別式は、一般的に葬儀と同じ日に行います。家族、友人、知人など故人と交流のあった人のお別れ会のようなものです。また、葬儀、告別式が終わった後、火葬が行われます。

お葬式場やプランのことで、お悩みの方はぜひ京都にある当社へご相談ください。当社では、お客様のご事情や背景、葬儀を行う料金などにより、ご要望に応じた様々な葬儀プランをご用意いたしております。家族だけの葬儀をしたい、安い費用で葬儀を行いたいなど、お客様のお悩みを24時間専門のスタッフがお聞きいたしますので安心してご利用ください。