.家族葬の参列者の範囲|コラム

TOPコラム > 家族葬の参列者の範囲

家族葬の参列者の範囲 家族葬の参列者の範囲


大切な家族の葬儀を行う場合、社会や世間に告知をせずに秘密裏にとり行う密葬ではなく、通常通り通夜や葬儀を行う家族葬を選択する方もいらっしゃると思います。しかし、家族葬を選択した場合、参列者の範囲に戸惑うこともあるのではないでしょうか?

そもそも家族葬とはどのような葬儀なのか?

そもそも家族葬とはどのような葬儀なのか?

家族葬と聞くと、家族だけしか参加してはいけないと感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし、実際には家族葬は明確に参列者が定義されているわけではなく、式の流れなども一般的に行う葬儀と違いはありません。

そのため、家族だけでなく故人の親しい友人や知人の方々を葬儀に呼ぶことも可能ですので、家族葬は家族だけの葬儀ではなく、どちらかというと参列者を限定して行う少人数の葬儀といえます。

また、友人や知人の方々に参列していただくためには、遺族側から参列のお願いをする必要があります。参列のお願いがない場合、友人や知人の方々は遺族の意を汲み、参加を遠慮する場合がございます。

家族葬の範囲は故人本人が生前に決めることもできる

家族葬の範囲は故人本人が生前に決めることもできる

家族葬の参列者の範囲を決める場合、故人本人が生前に決めておくことも可能です。生前に決める場合は、エンディングノートを活用することをおすすめいたします。

エンディングノートとは、生前の思いや希望などを残された家族に伝えるためのノートです。故人本人が誰とどのような付き合いをしていたのかを把握することは難しいと思いますので、エンディングノートに参列してほしい人物を書くことで、スムーズに参列者を呼ぶことができます。

家族葬を行う場合、「葬儀になぜ呼ばなかった」という方が出てきてしまい、トラブルに発展することもございますので、生前のうちにご家族と参列者についてよく話し合うことが大切です。

京都にある当社では、家族葬プランを複数ご用意しておりますので、ご相談内容に合ったプランをご提案いたします。知識と経験が豊富なスタッフが親切丁寧に対応しますので、何か不明点がございましたらご相談ください。また、なるべく安い料金設定を心がけておりますので、費用が心配な方もまずはお見積りをご依頼ください。