葬儀に必要な書類と手続きの流れ|コラム

TOPコラム > 葬儀に必要な書類と手続きの流れ

葬儀に必要な書類と手続きの流れ 葬儀に必要な書類と手続きの流れ


大切な人が亡くなった時、残された家族にはやらなければならないことが多くあります。特に葬儀は故人の冥福を祈り、最後の別れを告げるための重要なものです。葬儀を行う際には様々な書類が必要になります。葬儀に必要な書類や手続きの流れを知っておくことで、いざという時にもスムーズに葬儀を執り行うことができます。京都葬儀社をお探しの方は、長年の実績を持つ当社をぜひご利用ください。

葬儀で必要な書類

葬儀で必要な書類

葬儀をする前や葬儀をした後には、用意しなければならない書類がいくつかあります。

死亡届

死亡を知った日から7日以内に提出しなければなりません。手続きを行う場所は、市区町村の役所です。平日のみでなく、日・祝、24時間いつでも提出することができ、ご家族の方が提出できない場合は葬儀社が代理で届け出を行うことも可能です。

死亡診断書

診療中の患者が死亡した時に医師が作成するもので、死亡者の死亡届を出す際に必要です。死亡診断書には、死亡者の氏名や年齢、性別などの他、発病した年月日や死亡時刻、手術の有無などの記載項目があります。また、死亡診断書は葬儀の時だけでなく、生命保険を受給する際にも必要です。

火葬許可証・埋葬許可証

火葬をする際に必要になるもので、死亡届を提出し受理された後に火葬の許可を受けることができます。この火葬許可書がなければ、火葬できませんので、死亡届を提出した後に必ず受け取りましょう。また、火葬が終わった後に火葬済みであるという証印が押されたものが、埋葬許可証です。埋葬許可証に関しては、たとえ紛失したとしても再発行ができませんので、ご注意ください。

手続きの大まかな流れ

手続きの大まかな流れ

葬儀をする前に、まず患者を診療していた医師から必要事項が記載された死亡診断書を受け取ります。この死亡診断書と一緒に必要事項を記入した死亡届を役所に提出します。死亡届を提出した後、火葬許可証を受け取り、火葬をすることができます。

京都で葬儀社をお探しの方は、ぜひ当社をご利用ください。当社では、8つの葬儀プランをご用意しております。様々な事情やご予算などによってご要望に応じた葬儀プランをご提案いたしますので、安心してご利用いただけます。お見積りや資料請求のお問い合わせは、お気軽にお問い合わせください。安い費用で葬儀をしたい、各プランの料金が気になるという方は、ぜひ一度ご相談ください。