.直葬後の納骨|コラム

TOPコラム > 直葬後の納骨

直葬後の納骨 直葬後の納骨


直葬費用負担が少なく、準備負担も軽減されますので、シンプルに葬儀を済ませたい方に最適です。しかし、直葬をする時に注意していただきたいのが納骨です。直葬の場合、納骨が難しいケースが発生するため、事前に確認が必要です。

直葬後の納骨可否の確認

直葬後の納骨可否の確認

一般の葬儀の場合、先祖代々の遺骨が入っている「菩提寺(ぼだいじ)」のお墓に納骨することになり、僧侶に戒名をつけてもらい、お経を読んでもらいます。

しかし、直葬を選ぶということは、原則宗教儀式一切を省くため、お経や戒名がありません。つまり、菩提寺とのつながりがなくなり、火葬だけを行うことになります。

そのため、お寺によってはきちんとした葬儀を行わない事を嫌い、納骨を断られることがあります。直葬後に納骨を行う場合には、納骨ができるかどうかを事前に確認しておきましょう。

直葬後に納骨を行う方法


炉前読経・四十九日法要を行う旨を伝える

直葬後に納骨を行う方法

直葬は不可というお寺でも、炉前読経(ろまえどっきょう)や四十九日法要をお願いする旨を伝えることで、納骨してもらえることがあります。

炉前読経は火葬をする前にお棺を一旦安置し、僧侶に読経をしてもらうことです。また、四十九日法要で本葬を行うことを伝えれば、ある程度の儀式が守られることになります。そのため、菩提寺との関係性を崩すことなく納骨ができます。

 

葬儀社に相談する

どうしても菩提寺での納骨が難しい場合には、私たち葬儀社にご相談ください。葬儀社ではお客様の都合に合わせて、直葬後に納骨が可能なお寺をお探しいたします。当社では様々な葬儀に対応していますので、直葬も執り行うことができます。直葬後の納骨のことも安心してお任せください。

京都にお住まいの方で葬儀をお考えの方は、ぜひ当社へご相談ください。当社は葬儀のご準備、警察への死亡手続きなどの書類手続き、アフターサービスが整っている葬儀社です。お客様が安い費用で抑えることができるよう、リーズナブルな料金設定をしております。ご自宅での葬儀、葬儀場での葬儀など、希望の葬儀方法をお伝えください。